意外と知られていない料理の基本 野菜炒めのコツと味付け

野菜炒め

こんばんは花子です。 節約主婦の基本料理とも言える野菜炒めについて考えてみたいと思います。野菜炒めはアレンジも効きかつ残り野菜の処理にも最適な便利メニューです。さあ一緒に美味しく仕上げるコツを勉強していきましょう。

スポンサーリンク

野菜炒めしゃっきり美味しく仕上げるコツ

野菜炒めを作るに当たり一番多い失敗がベチョベチョに水分が出てシナシナになってしまうことでしょう。(まあこれはこれで美味しいのですが・・)どうすれば中華料理屋さんのようにしゃっきりとした野菜炒めが作れるのでしょうか。

1.お肉は先に炒めろ!!

水分が出る食材は、野菜と肉です。それぞれ水分が出てしまう状態が違います。まず肉ですが、弱火にしてかついじくり回していると水分が出ます。料理を作ってる主婦ならわかると思います。 そこで、お肉は最初に熱したフライパンで炒めましょう。強火であまり弄くらいないといいかんじにこげもつくでしょう。

2.野菜は弱火で炒めよう

次に野菜ですが、意外かと思うかもしれませんが弱火でじっくり炒めたほうが水が出ません。なんか中華料理のイメージなのか野菜炒めは強火が命みたいに勘違いしている人多いような気がします。

基本の野菜炒めの作り方

さてさてそれでは早速作り方について見て行きましょう

1.材料を切る

玉ねぎ、にんじん、ピーマン、キャベツ なんでもいいですが材料は前もって切っておきましょう。 それぞれ、入れるタイミングが違いますので混ぜないようにしときましょう。

2,味をつける調味料を混ぜておく

タイミングよく調味料を入れるために事前に混ぜあわせておきましょう。

3,フライパンに油を温めて、にんにくの薄切りと肉を投入します。

肉は、薄切り肉でもひき肉でもなんでもいいですが、ひき肉意外の場合は、片栗粉を軽くまぶしておくのがよいでしょう。片栗粉をまぶすことで肉汁が流れ出ずジューシーに仕上がるととともにちょっとボリュームが付いて満足度が上がります。その上野菜炒め全体にとろみが少し付きますので味がしっかり乗りやすくなります。

ひき肉の場合は、にんにく、生姜をみじん切りにして油に入れしっかり香りが出てきた頃にひき肉を投入するといいです。あと、ひき肉の場合はこの時点でしっかり濃い目に味付けをしてしまって野菜自体には味付けしないように作ると美味しいです。(肉味噌みたいなイメージですね)

4.肉を取り出します。

カリッといたまったら肉を出しましょう。ひき肉の場合は出さなくていいと思います。油が出すぎているようでしたらキッチンペーパーで油を軽く取りましょう。ただし、間違ってもフライパンを洗ってはいけません。フライパンには肉の旨味がこびりついています。

5.野菜投入開始

ごま油を再度少し加え野菜を投入します。フライパンの温度は低い状態から炒めます。弱火で炒めていきます。 火の通りにくいものから順番に入れていきましょう。
日の通りにくさ 人参>たまねぎ>きのこ>きゃべつ>もやし>ピーマン>にら こんなかんじでしょうか?
まあ、花子の好みです。玉ねぎはしんなりさせたいですし、ピーマンは比較的しゃっきりした状態が好きなんです。好みで考えましょう。

こつは、弱火でじっくりあまりいじらないかんじで炒めましょう。塩コショウを入れるなら炒め終わったあとにしましょう。早い段階で入れると水が出やすくなります。

6.肉を戻し混ぜあわせた調味料を投入

味付けは色んなパターンがあると思いますが、この段階で混ぜあわせて全体に調味料が回ったら完成です。この段階ではそんなに長いこと火に掛けることはしません。(ただし、コンソメを入れる場合は、1工程前の野菜を炒めている時に入れたほうがいいです。コンソメはある程度火を通さないとなんか臭みが残ってしまいます)

野菜炒め味付けアレンジ

では今度は味のバリエーションを見て行きましょう。主婦の料理は適当さがポイントです。いちいち本を見て分量を計ってたら手間がかかって仕方ありません。なので、味付けのヒントとポイントをお伝えしますので後は適当に雰囲気で作ってみましょう!

◎ 塩コショウ

基本のシンプル味付けです。肉の分量が多い時はこれでも十分に旨味があります。調度よい塩味は究極の味といってもいいですね。特に人参なんかはちょうど良い塩梅で食べたらめちゃくちゃ美味しですよ。

◎ 酒、醤油、砂糖、ごま油

あまカラでご飯の進む味付けですね。最後にいりゴマをたっぷり混ぜ込むのも美味しいですね。

◎ 塩コショウ、トリガラスープの素

あっさり食べるならこれですね。プラスごま油なんかもいいですね。野菜としてはネギがよく合いますね。

◎ ウェイパー

一発で中華風に仕上がる万能調味料、味としては鶏ガラ+生姜で似たような感じになります。油多めがよく合います。

◎ 塩コショウ、オイスターソース、酒

オイスターソースは鶏ガラなんかとも相性が良いですね。

◎ キムチの素

もやし、豚肉が最高ですね。オイスターソースにチョコっとのキムチの素なんかも最高です。

◎ 焼肉のたれ

もやしがおすすめの食材ですね。ひげがないほうがおいしいけどめんどくさいい!!

◎ 味噌、バター、醤油

絶対にじゃがいもを入れたい味付けです。じゃがいもは輪切りにしてレンジに少し掛けてから炒めるとほっくり美味しく炒めることができます。

◎ コンソメ、塩コショウ、酒

洋風に炒めるならこれですね。酒をちょっと入れるとコンソメ臭さが飛びます。

◎ クレイジーソルト

何かと便利な調味料、たまにはいいかな

◎ カレー粉、醤油、塩コショウ

子どもが大好きカレー味です。カレー粉は少しでも味が生きますので入れ過ぎないようにしましょう。あと醤油を入れるのは最後に入れてすぐ火を止めましょう。火をつけたままだと焦げ付いて苦味が出てしまいます。ただし、酒と一緒に入れるときは火をつけたままでも大丈夫です。

まとめ

野菜炒めって偉大ですよね。相変わらずの具体性のない紹介ですが、花子の料理解説は意外と人気なんですよ 実は安い!!パスタで美味しく節約レシピをするための基本技術 ←これとか

まあ、本当にレシピが知りたい人はクックパットとか見るでしょうから、クックパットに載っていない料理のコツなんかを中心に書いてみました。

======================================
〈こんな日記も書いています〉
花子の日常を楽しむ日記(主婦を楽しむコツはこんなことかも)
花子が気になった疑問やどうでもいい話を主婦目線で書いてます。暇つぶしにどうぞ


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>