熱田神宮のご利益と特徴、あと宮きしめんとか


 熱田神宮

こんばんは花子です。今日はお正月も近いので熱田神宮についてです。熱田神宮の境内には本宮をはじめ別宮一社、摂社八社、末社十九社が祀られていて、それぞれ特徴があります。ちゃんとご利益を授かるようお参りするのであれば、それぞれの神様にお願いをするようが良いと思います。

熱田神宮は、都会にありながら静謐な空気のある神宮です。お散歩気分で歩いてもその雰囲気に癒やされること間違いありません。

三種の神器の一つ草薙神剣がまつられています。三種の神器とは、 八咫鏡 (やたのかがみ) 、草薙神剣 (くさなぎのみつるぎ) 、八坂瓊曲玉 (やさかにのまがたま) で伊勢神宮には八咫鏡がご神体として祀られています。

つまり、伊勢神宮と同じぐらい大切な神社と言えるでしょう。

スポンサーリンク

熱田神宮に祀られているやしろ

全体マップ PDFです。

本宮

ご祭神の熱田大神とは、三種の神器の一つである草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)を御霊代(みたましろ)としてよらせられる天照大神のことで、天皇家の祖先とされている一番偉い神様と言ってもいいでしょう。

上知我麻神社

上知我麻神社の両脇に、大黒様と恵比寿様が祀られています。毎年1月5日はこの両社の祭「初えびす」があり、商売繁盛・家内安全を願う人々で盛大なにぎわいを見せています。

また、「名氏子(なうじこ)」は特殊信仰として受け継がれております。新生児の名前をつける際、神託により一字を神様からいただくもので、その文字を元に名付けをされたお子様は、名氏子として、毎年11月15日、無事成育を感謝する名氏子祭が執り行われます。この命名(めいめい)祈祷は毎日受け付けています。

下知我麻神社

御祭神は真敷刀俾命(ましきとべのみこと)です。この御祭神は、上知我麻神社の御祭神・乎止與命(おとよのみこと)のお妃で、日本武尊(やまとたけるのみこと)のお妃・宮簀媛命(みやすひめのみこと)の母神様です。

古くから旅行安全の神として信仰されております。

高座結御子神社

祭神は高倉下命(たかくらじのみこと)で、この地域の産土神(うぶすながみ)です。

この神社は、子育ての神として信仰が篤く、4月3日に幼児成育祈願祭、続く6月1日の例祭には境内末社の御井社(みいしゃ)で「高座の井戸のぞき」があります。幼児に井戸をのぞかせると「疳(かん)の虫封じ」になるというものです。

清水社

御祭神は水をつかさどる神様である罔象女神(みずはのめのかみ)です。社殿の奥に水が湧いていることから、俗に「お清水(しみず)さま」と呼ばれ、その水で眼を洗えば眼がよくなり、肌を洗えば肌がきれいになるという信仰があります。

御田神社

ご最新は五穀豊穰の守護神である「大年神(おおとしのかみ)」です。

龍神社

吉備武彦命(きびたけひこのみこと)、大伴武日命(おおともたけひのみこと)をお祀りしております。

吉備武彦 – Wikipedia

菅原社

御祭神は学問の神様として崇められる菅原道真公です。下知我麻神社(しもちかまじんじゃ)の石を戴いて帰り、願いがかなうと倍の大きさの石を菅原社へ奉納するという風習があったりするらしいです。

徹社

ご神体は天照大神の和魂(にぎみたま)です。 こちらの神社では、感謝の気持ちを神様に伝えることが良いとされています。

楠御前社

日本を産んだとされる、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)伊弉册尊(いざなみのみこと)の二柱をお祀りしております。

俗に「子安の神」又は「お楠さま」と呼ばれ、種々の病気を治し、特に安産の神としての信仰が厚いです。ご神体はクスノキそのものになります。

南新宮社

御祭神は素盞嗚尊(すさのおのみこと)です。疫病退散と執着心や迷いを断ち切るとされています。

番外編

宮きしめん神宮店

宮きしめんが600円で食べられます。花子は必ずここで食べます。質素な食事ながらありがたい気持ちで食べることができます。

お休み処清め茶屋

熱田の名物のきよめ餅をいただくことができる茶屋です。お抹茶ときよめ餅を500円でいただくことができます。またこれ以外にも、ぜんざいや冷やしぜんざいなどもあります。

初詣について

初詣者数は200万人を超え、かなりの混みっぷりです。参道にはでみせが200店以上立ち並びます。熱田神宮の初詣はこれも楽しみの一つですね。正月は道路の規制も行われていますので電車で行くことをおすすめします。

名鉄名古屋本線・常滑線 神宮前駅

名古屋市営地下鉄名城線 神宮西駅または伝馬町駅

JR東海東海道本線 熱田駅

どれも降りてから3分ぐらいで到着します。近くていいですね。

まとめ

いかがでしたか?知ってるようで知らない熱田神宮たくさんの神様が祀られています。お願いしたいことに合わせてそれぞれの神様にお願いしましょう。

======================================
〈こんな日記も書いています〉
花子の日常を楽しむ日記(主婦を楽しむコツはこんなことかも)
花子が気になった疑問やどうでもいい話を主婦目線で書いてます。暇つぶしにどうぞ


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>