節約の基本は家計から!計画を作る時のポイントイ

大切なのは計画!!

なんでもそうですが、何かを達成するときに大切なのは計画です。

こうしようと言う目標があって初めて本気で取り組むことができると花子は思います。

そこで今日は、家計をたてる時のポイントを紹介します。といってもプロではないのでNHKの「あさイチ」で有名なファイナンシャルプランナーの横山光昭が提唱している「家計の黄金比率」というものを紹介します。

家計の黄金比率とは

家計の黄金比率とは、要するに「収入に対しての、支出の理想的な割合」のことです。もちろん大金持ちなら当てはまらない場合もありますが、やはり一般的に理想な割合を意識することでめちゃくちゃな無理をすることなく貯金ができていくということです。また逆にこの比率を超えて出費している場合は、使いすぎているということになります。

預貯金は、収入の18%

確かに、収入の18%をためることができれば、世帯収入が400万円の場合、72万円の貯金が1年間でできることになります。世帯年収が500万円であれば、90万円の貯金が1年で可能です。10年続ければ約1000万円近くの貯金がたまります。預貯金を18%するために、ほかの支出の割合が決まっているとも言えるでしょう。

住居費は、収入の25%

年収500万円の人なら年間125万円、月額10万円程度の家賃のおうちになります。もちろん家族構成によるところが多いですがもし突出しているようなら引っ越しも考えましょう

食費は、収入の15%

食費は、収入の15%です。なので、年収500万円の人なら年間75万、月額6万円です。ただ、これについては花子としては異論があります。だいたい4人家族の家なら、3万円前後で食費は押さえるべきだと思います。外食を程々にして、かさの多い野菜中心料理を作れば可能だと思います。

水道光熱費は、収入の6%

手取り月収が30万円であれば、1万8千円が水道光熱費です。これはよほど乱暴な使い方をしていなければクリアできる割合と言えます。使いすぎている場合には、節電・節水・太陽光発電も考える必要があるでしょう。

通信費は、収入の5%

手取り月収が30万円であれば、1万5千円が通信費です。意外とこれが現代の生活では苦しくなってくる目標です。夫婦2人のケータイ代だけで3万円を超えてくる人も多く、これにインターネットの回線、スカパーなどの費用、huluなどの映画サイトなど、かなり費用がかかるのです。インターネットは、スマフォで対応したり、ケータイ料金のかけ放題のプラン変更などを実施し、通信費を見直しましょう。

生命保険料は、収入の4%

生命保険も、手取り月収が30万円であれば、1万2千円が適正とのこと。これは多少異論があり、貯蓄性の生命保険であればもう少し使ってもいいのではないかと思いますが、掛け捨てや医療保険の場合、1万2千円以内に抑えるようにしましょう。掛け捨ての場合は、ネット生保などを利用すればすぐに1万2千円以下にすることが可能です。

8.お小遣いは、収入の8%

手取り月収が30万円であれば、2万4千円がお小遣いです。今までは、収入の1割が適正とされてきたお小遣いですが、お金をためるためには8%まで減らす必要があるとのことです。貯金をする目標を共有して、理解を得る必要があるでしょう。

その他項目

日用品は、収入の2%
医療費は、収入の1%
教育費は、収入の4%
交通費は、収入の2%
被服費は、収入の2%
交際費は、収入の2%
娯楽費は、収入の2%
し好品は、収入の1%
その他は、収入の3%

黄金比率を家計に適用させるにあたって

横山光昭が提唱している「家計の黄金比率」を紹介いたしましたが、花子的にはいろいろと異論があります。

実際問題として、学費(塾代を含む)や医療費なんかは家庭の状況や子供の年齢に大きく左右されますし、交際費なんかも状況によってかなり変わってきてしまいます。だったらこんな比率無駄なの?と思うかもしれません。

しかし!!一度自分のうちの比率を調整して作ってみてください。この作業はもしかしたら1年では終わらないかもしれません。一年過ごしてみて調整をしながらバランスを作ってみてください。

いくら貯金するという目標をたてて逆算して作ってみるのもよいかもしれませんね。

======================================
〈こんな日記も書いています〉
花子の日常を楽しむ日記(主婦を楽しむコツはこんなことかも)
花子が気になった疑問やどうでもいい話を主婦目線で書いてます。暇つぶしにどうぞ


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>