お墓や散骨、葬式などで節約? とりあえず調べてみました。

豪徳寺井伊家墓所 / Grave of Ii Clan from Gotokuji - Setagaya, Tokyo

こんばんは、花子です。
今日は、あんまり節約とは関係ないかもしれませんが、へーこんなサイトあるんだーと感動したので紹介します。

http://hakadas.yomiuri.co.jp/

お墓検索 ハカダス : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

お墓のいろんなトピックスや永代使用料で探すお墓など面白い情報がいっぱいでした。

生きてる人はみんな死にますので、お墓についていろいろ知識を貯えておくことはきっと節約にもつながると思います。

お墓の買い方の流れなどは全然知りませんでしたので大変参考になりました。お墓を考えている人は一度見てみて、相場などを参考にしてみるとよいと思います。

花子は勢いがついたところでお墓のあれこれを調べてみました。

公営墓地で節約

やはり、民間よりも公営の墓地の方が段違いに安いです。民間のところは、永代使用料が100円〜ぐらいになっていますが、公営は15円程度〜でした。すごい違いますね。その分大人気の様で抽選になる場合が多いようです。

生前にお墓を建てて節約

生前にお墓を建てることで相続税を安くすることができます。(相続税がかからないぐらいの財産しかない花子のようなうちならあんまり関係ありません・・・)お墓の場合は、相続財産にはならず祭祀財産というものになるため、不動産税や固定資産税などは課税されません。そのため、生前にたてた場合、そのお墓代は相続税がかからないです。死んだあとにたてる場合、遺産から相続税を取られて、それからお墓を建てるという格好になるため、生前にお墓を建てた方が節税になります。

散骨ってどう

いろいろと調べているうちに、やはり墓を持つのはかなり費用がかかるなぁという印象を受けました。そこで、散骨ならお墓持たなくてもいいしかなり節約になるんじゃないのって感じたのでいろいろ調べてみました。花子としても海に撒いてもらうのってちょっとすてき難じゃないのと思います。

しらべてみると、結構問題も出てきているようで、2005年(平成17年)3月に北海道長沼町は散骨を規制するための条例を制定しました。なぜかというと、散骨が多くなるとそこでとれる魚などに風評被害が広がるとのことのようです。 むう、確かに人骨がいっぱい撒かれた地域の魚ちょっと食べたくないかも・・・

費用としては、代行で5万円程度からあり家族でのクルーズを行い散骨する場合は15円程度からあるようです。また、ペットの散骨などもあるようです。
海洋散骨の方法と地域・費用が一目で分かる|散骨情報センター

また、散骨以外にも樹木葬というものも最近注目されている。これは、墓石をおくのではなく遺骨の周辺にある樹木を墓標として故人を弔う方法である。遺骨を埋葬するたびに新しい苗木を1本植えるケースや、墓地の中央にシンボルとなる樹木を植え、その周辺の区画に遺骨を埋葬するケースなど様々な方法がある。
樹木葬 – Wikipedia

樹木葬|【現代供養.com】-全国の樹木葬・庭園葬をご紹介します。

また、葬式についてはなかなか値段がはっきりしないところもありどこが安いというのを探すのが難しかったのですがその中で最も安かったのが、

ここでした。それでもやっぱり20万円弱はするんですね。

まとめ

墓地のサイトから調べていっていろいろ面白いことが分かりました。実際私が死ぬまでまだ50年ぐらいある(予定)なのでその頃にはもっと新しい形があるかもしれませんね。人の死という物は節約というものとあまりそぐわないかもしれませんが、お金がかなりかかる大事業の一つなのでいろいろと情報を得ておくことは大切なことだと思います。

あした死ぬかもよ? ひすいこたろう
あした死ぬかもよ?

明日死ぬかもしれないということを考えたりしたことがなかったので、最初のページでびっくりしました。
けれど、すごくスーッと心に入ってきた感じで、ちゃんと考えようと思うきっかけになりました。
あした死ぬかもしれない、当たり前のことなのに忘れていることだなあと思います。とてもいい本です。(レビューより引用)

Amazonで詳しく見る by G-Tools

すごく感動した本です。死を常に意識して毎日を大切に生きていきたいです。

======================================
〈こんな日記も書いています〉
花子の日常を楽しむ日記(主婦を楽しむコツはこんなことかも)
花子が気になった疑問やどうでもいい話を主婦目線で書いてます。暇つぶしにどうぞ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>