その医療保険必要?健康保険の仕組みを知っておこう

cardiac-217139_1280

こんばんは花子です。きょうは健康保険の仕組みを勉強して病気になったとき本当はどれくらい医療費がかかるのか調べてみましょう!

コレが結構難しくて混乱しちゃう内容です。がんばって理解したつもりですが間違ってたら教えてください。

スポンサーリンク

健康保険の基本

まず健康保険の基本ですが、病気やケガをして医療機関で治療を受けると、患者は年齢や収入に応じて自分が使った医療費の1~3割を自己負担します。これは、日本では誰もがなんらかの健康保険に加入しているからで、残りの9~7割は健康保険が支払ってくれています。 はい、ここまでは大丈夫ですね。

高額医療という制度

ただ、病気というものは急にやってくるもので例えば病気で入院、検査そして手術をして合計100万円かかった場合普通に考えると自己負担3割の場合、30万になってしまうのかというとそうではありません。高額医療費という制度があり一ヶ月の自己負担する医療費には上限があるので、申請すると払い戻しを受けることができます。 (申請主義のため申請しないと戻ってきませんよ。保険って難しいから毛嫌いしていると大損する場合がありますよ) どれくらい戻ってくるかというと一般的なサラリーマンで約21万円程度戻ってきて、最終的な支払額は9万円程度になります。

さらにこの制度、医療費が高額になる月が1年に4回以上ある場合、もっとやすくなります。単純に計算してさらに半額の45000円程度になります。

結構制度が充実していますよね。普段体だけは丈夫な花子はこの制度初めて知りました。

ただし、次のようなもの対象になりません。

入院時の食事代・食費(食事療養費)
居住費(光熱水費相当)
日用品代
差額ベッド代
保険適用外の診療
先進医療などの自己負担部分

うーむ、心配なのは先進医療ですね。

あとこの制度、妊娠、出産は病気でないので対象外です。(帝王切開は対象のようです)

高額医療を使う時のワンポイント

あと、注意したいのがこの制度月単位で計算するため月をまたいで入院等をした場合全然変わってしまう場合があります。

例えば、1月に入院して医療費が100万の場合 上の例で考えると9万の支払いになります。ところが、1月の下旬に入院して2月に退院した場合で医療費が1月70万円、2月が30万円の場合 だいたいの計算ですがなんと18万円近くかかってしまいます。コレは上限が決まっている制度のためこんなことになってしまいます。

もちろん、命には換えられないのですぐに入院しなければならない時はしょうがないですがもし余裕があって入院する場合は少し意識して同じつきないで入院退院できるようにするとかなり節約になります。

その他おすすめリンク

あといろいろ調べた中で、ためになったサイトのリンクを張っておきます。ぜひ一度目を通してみるとよいと思いますよ

楽天の保険: ほとんど知られていない入院費用の秘密とは? < ニュース&リサーチ

医療費節約のポイント|熱海市役所

保険関係おすすめブックス

保険の説明をしながらわかりやすくまとまっています。とりあえずこの本を参考に自分の保険を選びました。保険料が月、1万円以上安くなりました。もちろん、保証は大きくしました。レビューより引用

保険を△型に、というのは縦軸に補償の厚さ、横軸を時間としたときの考え方です。人間年を取ると、お金で補償できる守るべきものというのは統計的にはだんだん減っていくものだ、という様子を単純化した図です。しかし、そういった一般論を紹介しつつも、既存の保険の内容はそのニーズに即したものなのか、無駄が生まれていないかを紹介しています。 レビューより引用

======================================
〈こんな日記も書いています〉
花子の日常を楽しむ日記(主婦を楽しむコツはこんなことかも)
花子が気になった疑問やどうでもいい話を主婦目線で書いてます。暇つぶしにどうぞ


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>