思ったより楽しかった!!明治村を楽しむ不完全ガイドマップ

rosette-374780_640

こんばんは花子です。

今日は、愛知に住んでる人なら一回はいったことのあるであろう明治村を紹介します。
かくいう花子も小学生高学年のときに遠足でいったっきり30年近くいったことがなかったのですが、このたび家族でいって参りました。
久しぶりに一回いっただけでえらそうに紹介を作りましたので不完全ガイドマップです。

小学生の頃は全然楽しくなくてお菓子だけが楽しみだったという記憶なのですが、いってみるとこれがすごく良かったです。

スポンサーリンク

必要経費は?

まず絶対に必要な経費が、
入場料 大人 1700円 こども 600円
駐車場代 800円 (冬季は500円)
です。  意外としますよね。(これがずっといってなかった理由・・・)

その他の経費として

バス代 500円 (場内が広いのでバスは利用したいです・・)
かき氷代 500円 (いやべつにいいんですけどね・・これくらいいいよね)
駄菓子代 200円
こんな感じですね。 もちろんお弁当と水筒は必須です。(芝生広場がありますのでレジャーシートがあればもっといいですよ)

おすすめルートは?

では早速おすすめルートです。

www.meijimura.com/upload/map_free.pdf

↑明治村のマップ(PDF)です。

北門から入りスタートすることをお勧めします。 基本的ルートとしてはいろいろ建物を見ながら南下して最後にバスで戻ってくるというルートが一番良いと思います。明治村はほんとに結構広いです。行きも帰りも歩いていくとかなり大変です。(大体6時間〜7時間歩きづめ)

おすすめ見所ポイント(下の地図の画像に勝手にマルをうちました)

帝国ホテル(5丁目67番地)
建築家で有名なフランクロイドライトの作品でオオって感じです(なんてガイドべたなんだ・・ヽ(;´Д`)ノ) 建物の作りが単なる1階2階とつみかさなってるのではなくスキップフロアみたいな作りがこっていてすごく繊細な建物という印象を受けました。平等院鳳凰堂をイメージしたのかなと感じました。

金沢監獄中央看守所・監房(5丁目62番地)
昔の監獄です。実際独房に入ることもできて、子どもに悪い今年たらこの小さい部屋で一生過ごすことになるんだよと脅すのにgoodです。

前橋監獄雑居房(5丁目61番地)
ここも監獄でなかにはいることができます。木の格子の牢屋らしい牢屋です。夏は涼しそうですが冬はかなり寒そうです。なんか鈴虫の気分になりました。

聖ザビエル天主堂(5丁目51番地)
教会らしい教会です。ステンドグラスがとてもすてきです。実際結婚式を開くことが出来るそうです。花子一番のお気に入り

駄菓子屋八雲
駄菓子屋さんです。懐かしいおもちゃやお菓子がいっぱいでした。実勢価格で売られており消費税もかからないので「ひとり100円で好きなものかっていいよ」っていったら子どもは大喜びでした。

歩兵第六聯隊兵舎(4丁目36番地)
この中にある布小物の雑貨屋さんがとてもすてきでした。ああっあのがま口財布かえばよかったな・・

第四高等学校武術道場「無声堂」(4丁目34番地)
体育館みたいでした。ちょっと休憩するのに最適でした。子どもたちは側転をしたり走り回ったりどたどた楽しそうでした。

京都中井酒造(2丁目19番地)
抹茶のかき氷が売ってました。結構歩き疲れたところでしたのでほっと休憩できました。お抹茶セットもありましたので秋はそっちの方がいいかもしれませんね。

東松家住宅(2丁目18番地)
なんかすごく地味そうな名前ですが、意外と良かったです中に上がることが出来るのですがなんか落ち着きます。昔の食事なども展示してありました。 昔の食事は基本的にみそ汁とご飯と漬け物みたいな感じでした。花子は人間これでやっていけるんだと節約料理にメラメラと闘志がわきました

聖ヨハネ教会堂(1丁目6番地)最終目的地としてやってきましたが、意外と感動は薄かったです。ただしっかりとした外観はやはり圧巻でした。あと近くの池でコイに餌を上げることが出来るところがありました(100円) が、餌をやってみると食べるのはアヒルばかりでした。

その他のポイント

意外と蚊が多いので虫除けスプレーを用意した方が良いかも

一回で全部見るのは無理かも・・かなり大変です。花子は無理でした。

大人になって楽しめる施設だと思います。でも、明治探検隊などのイベントもいろいろ開催していてまたいきたいと思いました。またいったら今度こそガイドマップ完全版が作れると思います。あと絶対がま口財布買いたいと思います。ヽ( ̄▽ ̄)ノ

map_free

======================================
〈こんな日記も書いています〉
花子の日常を楽しむ日記(主婦を楽しむコツはこんなことかも)
花子が気になった疑問やどうでもいい話を主婦目線で書いてます。暇つぶしにどうぞ


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>