暖房器具徹底比較 どうやったら節約できる?決定版

fireplace-195296_640

こんばんは花子です。かなり寒くなってきましたね。わが家もついにこたつを出しました。

この時期暖房にかかる費用について悩んでいる人いっぱいいると思います。そこで徹底的に暖房器具を比較してみたいと思います。

暖房器具を比較するときにいろいろな考え方があり長所短所はありますが、お得、経済的ということを中心に見て行きたいと思います。

スポンサーリンク

何が最も安い燃料になるの?

最も効率的に燃焼させた場合(エネルギーすべてを熱に変える)でシュミレーションしてみましょう。

単価のシュミレーション
電気:1kWhあたり25円 (一般的な料金、夜得プランなどなら昼は31円くらい)
お選びいただける電気料金メニュー|東京電力 (参考)

灯油:18リットル(1本)あたり1800円
灯油(店頭販売)価格(全国平均)|全国・都道府県別ガソリン・灯油価格最新情報(毎週更新)(参考)
都市ガス:1m3あたり150円
ガス料金表(家庭用/業務用・工業用 共通)|東京ガス株式会社 (参考)

単位 1単位あたりの熱量 1単位あたりの価格 1円あたりの熱量
電気 kWh 860kcal 25円 34.4kcal
灯油 リットル 8771kcal 100円 87.71kcal
都市ガス m3 9818kcal 150円 65.45kcal

1単位あたりの熱量は決まっています。

ということで、1位灯油 2位ガス 3位電気 となり、灯油を使った暖房機器が最も効率がいいことがわかります。

でもでもまってください!

一番効率の悪い電気ですが、ヒートポンプという技術が開発されこの1単位あたりの熱量を超える熱量を放熱することが可能になりました。
ヒートポンプ | ダイキンの空気の技術 | ダイキン工業株式会社 (ここがわかりやすかったです)

これを表すのがCOPという値で、1kWhで何kWhと同じだけの力が出せるかというもので例えば、cop2のものであれば1kWhで2kWhと同じだけの力が出せるということになり、860kcal×2=1720kcalの熱量が出せることになりますので、1円あたりの熱量は68.8kcalになります。

また、最近はAPF(通年エネルギー消費効率)という値もあります。これは、年間を通して暖房・冷房が1kWhで何kWhと同じだけ出せるかというものです。 だから、COPは一定の条件での瞬間的な効率でAPFは年間を通してのより実態に近い効率の値と言えます。

はー難しかった (^^ゞ

最近のエアコンは、COP3〜5ぐらいのものが普通ですのでこれで計算すると1円あたりの熱量は、103.2kcal〜172kcalになり電気が一番効率的になります。
ご家庭用製品|ダイキン工業株式会社(参考)

実際の暖房器具の長所と短所
エアコン

上での計算のようにCOPの値の高いものであれば一番効率的になります。ただし、パワーが弱いので部屋を暖めるまでに時間がかかるという欠点があります。

花子の家の使い方では、中部電力|Eライフプラン(3時間帯別電灯) – 基本メニュー このプランで、夜(11時〜7時)の電気代が安いのでエアコンを朝6時から入れて7時にはほぼ温まっている状態にしています。 今まで、灯油でしたが灯油の高騰とエアコンの買い替え時期が来たのでちょうどよく暖房代はかなり安くなりました。

灯油ストーブ、ファンヒーター

パワーが違います。やっぱり灯油が暖かいです。厳寒地の人たちならもう選択の余地もなく灯油しか無いと思います。ただ、値段の高騰と買ってこなければいけなかったり給油しなければいけなかったりで面倒くさいのも事実です。

ガスファンヒーター

ちょっと燃料費は高めですが、ガスは燃えるときに水分を出すため空気が乾燥しにくいというメリットがあります。また、パワーも有り給油も必要ないということでお金さえきにしなければ最高の暖房機器かも知れません。 あと、ホースでガス管からつなぐため場所の移動があまりできないというデメリットは有ります。

こたつ

最強にして最凶の暖房機器です。その魔力に主婦は逆らえません。ついついだらだらしてしまう恐ろしい機器です。弱で使うなら2時間で4円程度なのでお得度でいっても最強クラスです。 ただし、ずっと入ってなければもちろん暖かくありませんので家事ができません(-_-;)

それでも花子はこたつが大好きですー (^^ゞ

薪ストーブ

番外編ですが、薪ストーブいいですよね。火を見ていると癒やされます。家も設置したかったなー もしも薪がただで手に入るような環境ならばかなり安くなるでしょう。 もし薪を買って手に入れようと思っているならばかなり高い暖房になってしまうでしょう。

効率的な暖房機器の使い方・節約術について
スリッパを買う

これ花子のおすすめ節約術です。暖かいスリッパを履くとかなり寒くても耐えられます。これをかって、設定温度を少し下げることをおすすめします。

こんなやつです。すごく体感温度が暖かくなりますよ

窓からの冷気にご注意

やっぱり一番冷気が入ってくるのが窓からです。もし可能なら長めのカーテンを使って床の隙間から冷気が上がってこないようにしましょう。花子の場合、カーテンの留め金部分がアジャスト方式になっていて長さの調整ができますので冬は床ギリギリまで延ばして使ってます。


こんなやつです。

あと、上の隙間からも冷気が入るので、カーテンレールにタオルを置いておくのも効果的みたいですよ

カーテンレールにつけるタイプの断熱シートもいいですね。


こんな商品もあります見栄えは悪いですが、効果は高いようですよ

できるだけ家族一緒にいる

これが節約術といえるかわかりませんが、これはとっても節約効果が高いです。一つの部屋で一緒にいることで暖房代やテレビ代なども減らすことができますし、人の放熱って結構温かいですよね。 お風呂もできるだけ仲良く順番に入ればが追い焚きする必要もありません。

何より家族仲良くトラブルがない方が安くすむってもんですよね。 

おあとがよろしいようで (^_^;)

======================================
〈こんな日記も書いています〉
花子の日常を楽しむ日記(主婦を楽しむコツはこんなことかも)
花子が気になった疑問やどうでもいい話を主婦目線で書いてます。暇つぶしにどうぞ


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. めーめーママ より:

     
    とってもわかりやすくて参考になりました。

    圧倒的に灯油が安いって思ってましたので意外でした。最近のエアコンはとっても節約度が高いんですね。

    新しいエアコン検討してみようかなー

    • 花子 より:

      コメントありがとうございます~

      ですよね、私も灯油が安いって思ってました。灯油も昔は800円ぐらいだったのに・・・

      エアコンは安くて簡単でとってもオススメです。 最初買う時が高いのですが・・・(^_^;)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>