ガス代の節約術の基本

ガス代の基本(地域によって若干違うかも)


お風呂(180㍑)一回沸かすのに約60円
ガスファンヒーター7時間で約90円
やかん2㍑沸かすのに中火で約3.6円
ガスの衣類乾燥機1回約28円

毎日使うものですから、無駄をなくせば大きな効果が得られるかもしれません
また、使う量を減らすことで、排出されるCO2の量を減らすことができます。エコのためにやってるんだと、胸を張って節約しましょう。

10円分の節約をすることで大体Co2の排出量を2㎏/Co2減らすことができます 

それでは順番にみていきましょう!

お風呂の節約

お風呂のお湯を半分にして半身浴にしよう(月:700円)

半身浴で済ませれば、かなりお得になりますが、どちらかといえば単身者向けの節約術ですね

追い炊き(一回10円)をしないようみんな一気に入ろう(月:100円)

2時間で大体3度温度が下がります。できるだけ一気に入ることで追い炊きを減らしましょう

夏場は朝に水を張っておこう気温で5~10度上がります。(月:500円)

この節約術は簡単にできてお勧めです。もっとスペシャルな節約をお求めの方は、黒く塗ったペットボトルなどに水を入れ日向においておき、それを貯めてお風呂に入るという方法もあります。この場合ほとんど沸かさなくてもいいです。

シャワーの時間を1分減らしましょう(月:480円)※4人家族の場合

これもこまめにお湯を止める習慣をつければ簡単にできると思います
家族で一緒に入れば肩まで浸かれるし追いだきも必要なし!家族も仲良し!!

ガスコンロの節約

お湯を沸かすときは中火で(一回:0.4円)

底から、出ている炎はほぼ無意味です。無駄なガスを使わないようにしましょう。

コンロの口の掃除をしよう

目詰まりをしていると火の大きさにばらつきが出てしまいます。お掃除しましょう

保温なべを使おう (月:1000円)

保温なべは最初に煮立たせたあと、保温容器に入れることにより弱火でずっと煮込んでいるのと同じ状態になります

蓋をしよう

どんな料理でもできるだけ蓋をして熱が逃げないようにしましょう

コンロを続けて使う

あったまったコンロは冷たいコンロより温まりやすいです

野菜などをゆでたゆで汁を捨てずに味噌汁のお湯として使う

栄養も満点です

なべ底の水滴は必ずふき取ろう

その水滴を蒸発させるためにガス代を食ってしまいます。また、土などでは水滴が付いたままだと割れてしまう危険があるため必ずふき取りましょう

そのほか、材料にあった大きさのなべを使う。作り過ぎないなど、ガスコンロを使う際に意識していればいろんな節約に気づくと思います。

湯沸かし器の節約

温度をこまめに設定しなおそう

40度だとガス代が約2円30度だと約1円です

洗いものをするときはゴム手袋をして設定温度を下げよう

ポイントは、低い温度でお湯を無駄にしないです

その他の節約

味噌汁のだしなどは前の晩から、水の中につけておくことでそんなに煮立てなくてもおいしいだしがでます

洗い物をする前にゴムベラなどで汚れを落としておくと水代ガス代が節約できます

======================================
〈こんな日記も書いています〉
花子の日常を楽しむ日記(主婦を楽しむコツはこんなことかも)
花子が気になった疑問やどうでもいい話を主婦目線で書いてます。暇つぶしにどうぞ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>