きれいな字の価値それはプライスレス!おすすめの練習本を紹介

artistic-300097_640

こんばんは花子です。

花子は全然字が綺麗ではありません。 いきなりの告白ですね (^_^;)

今日は少し節約から離れたお話ですが、きれいな字が書けるということはかなり価値のあることで、人生で大きくプラスになると思います。

花子がまだお仕事をしていた頃、とても強く感じたことが字の汚い人はいい加減な人が多く年収も多くない人が多いということです。もちろん反論もあるとは思いますが、沢山の人と接してきてそういう傾向は間違いなくあります。 花子もいい加減です・・・

そんなこんなで、字が綺麗になることは人生をうまく過ごすためにとっても大切な気がします。

そこで花子おすすめの字の練習本を紹介します。

スポンサーリンク

おすすめきれいな字練習ブック

最高におすすめの本です。DVDがとっても良いです。このDVDを見るだけできれいな字のコツがしっかり分かります。

ユーチューブにDVDの一部が上がっていました。が、ほんとうによいDVDなのでぜひ買って練習することをおすすめします。まず最初にコツを掴むためにはこの本です。

書き込み式の練習帳です。口コミでも書いてありますが通信教育でやるよりずっといいと思います。毎日コツコツと2ページづつ練習をしました。

このシリーズは他にもたくさんあり、終わったら次へとこつこつと練習をしたらかなり上手になりました。

練習本を買うときのコツ

実際はな子が使ったことのある本を紹介しましたが、この練習本を買うときのコツが有ります。

それは、自分が綺麗な字だなと感じる人の本を買うことです。最初に紹介したNHKの本は基本なので絶対買うことをおすすめしますが、日々使う練習帳については、自分がこうなりたいこんな字が書きたいと思う人の本を買うことでやる気がキープできます。

なので、大きな本屋で買うことをおすすめします。色々見ていると著者によってかなり字のイメージが違います。なーんてこのまとめじゃ全然おすすめの練習本紹介になってないですよね。

芸能人の美文字

花子としては最終的に、きれいな字が書けるようになったあと自分の個性が出せるようになったら最高だなーと思います。いろいろなところで芸能人などの文字を見ることがありますが、その人の個性を表すような素敵な文字だとほんとにドキッとします。

bb775f4d

スマップのサインです。みんなそれぞれの個性が出てますね。木村さんの文字なんかとってもかっこいいです。やっぱりストイックに練習したんじゃないかなと思います。かっこいい人で文字が汚いってなんかがっかりしちゃいますもんね。あと、香取くんの文字も結構好きです。味がありますよね。

69b9e556

麻生さんの文字はすごすぎます。政治家としての格があると思います。政治家の方は特に字の練習をしっかりとされている人が多いように感じます。時々汚い字の人を見ますが、この人に任せて大丈夫かなって気になります。

7b2de865-s

ガクトさんの文字もすごい綺麗です。カッコイー

900ed841

もっくんもカッコいー

15497480-s

誠実な人柄がにじみ出ていますね。

8eed96f5-s

樹木希林さんはさすがです。私もこんな字が書けるようになりたいです。歳を取れば取るほどきれいな字が当たり前になってくるような気がします。ああっ早く綺麗にならないと・・・

94bfb76b-s

長谷川潤さんの字・・・  花子も字の練習がんばろう・・・

hellojunichi_3

ジブリの鈴木敏夫さん決して綺麗ではないけれど個性が出ていてかっこいいです。字を書き慣れている感じがありますね。こんなすてきなじがかけるようになりたーい

今日は花子の「字が綺麗になる」という今年の目標を達成するモチベーションアップのために書いた記事でした テヘ (^^ゞ

======================================
〈こんな日記も書いています〉
花子の日常を楽しむ日記(主婦を楽しむコツはこんなことかも)
花子が気になった疑問やどうでもいい話を主婦目線で書いてます。暇つぶしにどうぞ


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>