アウトドア料理の練習 パエリアに挑戦

こんばんは花子です。

今日は節約料理ではありませんが、花子が今年月一で練習していこうと思っているアウトドア料理その1です。

今月のメニューはパエリアです。

言わずと知れたスペインのメニューで、米どころとして知られるスペイン東部バレンシア地方発祥の、米と野菜、魚介類、肉などを炊き込んだ料理。スペインを代表する世界的に人気の料理です。

スポンサーリンク

とりあえず完成図がこちら

IMG_3241

外遊び用の鉄で作ってみました。

花子パエリアの作り方

作り方としては、本当は一つの鍋でやっていくのが正しいのかもしれませんが、めんどくさかったので、2つの鍋を使いました。

一つ目の鍋で、

①にんにくとオリーブオイルを炒めて香りが出たらあさり、カニを投入して炒める。白ワインをちょこっと大さじ2ぐらいかないれて炒めます。次にカットトマト缶を1/3位入れてさらに炒めます。しっかり炒めたところで、水を700CC投入(これは、お米の量で決定します。花子は3合で作ったので、3×200CC +スープ作るときに飛んじゃう100CC)します。

②コンソメを少し入れてぐつぐつと煮ます。もうこれだけでかなり美味しいスープができてます。(はっきりいってこのスープと白いご飯で最高だった気がします。)

③塩を入れます。スープにしては少し味が濃い目かなっていうぐらいの味にしましょう。

さあ次は2つ目の鍋です。

①パエリアパンまたはフライパン、ホットプレート などにオリーブオイルを入れ玉ねぎを炒めます。しっかりといたまってきたらお米を投入(花子の内は3合で作りました。) お米が透き通るまで炒めます。

②一つ目の鍋で作ったスープだけを投入します。(具はまだですよ)

③いい感じで鍋にお米をならしたら、具を投入 & ブロッコリーやパプリカなどの野菜も上に載せます。(蒸されて火が通ります)

④上からアルミで蓋をして、火にかけます。

⑤少し焦げた臭がしてきたら、火を消してそのまま蒸らします。(10分位かな)

ハイ完成!!

今回は、大きな鍋にカセットコンロで作ったので、真ん中の方は程よい火のとおりだったのですが端っこは少し芯が残ってしまいました。うむむむ

アウトドアの実践では、薪で作るのでうまく出来るはずです。

花子パエリアのポイント

花子のパエリアのポイントは、

サフランを使わないので簡単&安い

サフランって高いしめんどくさいですよね。トマト缶だけでチョット色がつきますので十分です!

あとから具を載せるので見た目豪華に見える

一つの鍋で作る方法だと、貝とご飯が混ざって食べにくいし、上に載せたほうが豪盛にみえていいですよ。

花子の気になるパエリアサイト

フライパンで作るアサリの白いパエリアの作り方・レシピ | 暮らし上手

このパエリアも美味しそうですよね。今度はこれに挑戦だ!!

Home – 日本パエリア協会 – 「本場の味を多くの人に伝える」

こんな協会があるんですね。

第54回国際パエリアコンクールにて、日本のスペインレストラン3チームが健闘 | ESJAPON.com

フォトギャラーを見てみてください。すごいおお鍋で薪の火で作ってます。これぞアウトドア料理!!たくさんのお友達家族でやったら面白そうだなー

======================================
〈こんな日記も書いています〉
花子の日常を楽しむ日記(主婦を楽しむコツはこんなことかも)
花子が気になった疑問やどうでもいい話を主婦目線で書いてます。暇つぶしにどうぞ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>